箕輪城
箕輪城:群馬県高崎市箕郷町   <戦国の勇将、長野氏の平山城>  箕輪城探訪歴:2009.10/2013.04A
箕輪城は1512年、長野業尚により築城。長野氏は在原業平の子孫とされている。 1566年(永禄9年)、業盛の代に甲斐の武田信玄の攻撃により箕輪城は落城し長野氏は滅亡した。その後の箕輪城には武田氏の城代が置かれた。1582年には小田原北条氏が箕輪城に入城。1590年の豊臣秀吉の小田原征伐の戦いで箕輪城は前田・上杉軍の前に開城した。同年、徳川家康の関東入封で12万石で井伊直政が入城した。しかし、1598年井伊氏が高崎藩に転封され箕輪城は廃城となった。                                                         《二の丸横が駐車場》
箕輪城本丸跡碑
箕輪城御前曲輪/2013桜満開
箕輪城の城主、長野氏菩提寺の長年寺&7代の墓  
大手門(搦手門)入口への道路は秋の気配 箕輪城見取り図