水戸藩:水戸城
水戸藩/水戸城:常陸(茨城)水戸市 徳川家 御三家 350千石【大廊下】侯爵 ☆徳川頼房(家康11男)が1609年に水戸藩に入封し12代260年在封
御三家の水戸藩は定府大名。水戸城薬医門現存。梅の名所偕楽園と好文亭。水戸藩校弘道館。西山荘と水戸家の瑞龍山墓所/常陸太田
                 水戸藩探訪歴:昭和63年5月探訪/袋田の滝、平成9年3月/同19年3月再訪B/同26年8月更新
水戸藩、偕楽園と好文亭
水戸藩校弘道館

Back

水戸藩徳川家瑞龍山墓所
水戸藩の水戸城大手門橋
※一口メモ:@水戸藩の支藩: 讃岐高松藩120千石・常陸石岡藩20千石・常陸守山藩20千石・常陸宍戸藩藩10千石
A水戸藩の藩主家変遷  佐竹家領地⇒家康5男、武田家⇒徳川家・家康10男頼宣⇒1609年徳川頼房(家康11男)が水戸藩に入封した。
B幕末維新時の水戸藩:維新時の水戸藩は、尊攘派の天狗党と保守佐幕派の諸生党との内部抗争にあけくれ、有能な人材を多数失った。戊辰戦争では新政府軍に参加したが、佐幕派の一部は会津と合流し戦った。水戸藩は最後は函館に出兵し(水戸藩から850名出兵し、8名戦死)、その功績で
35百石の賞典禄を賜った。
 水戸藩の水戸城薬医門
テレビの水戸黄門でお馴染の西山荘 & 助さんのお墓↑