宮川藩
宮川藩:近江(滋賀)長浜市 堀田家・佐倉藩分家 譜代 13千石【帝鑑間】子爵       宮川藩                宮川藩   
☆堀田正休が1698年、上野吉井から甲賀他に領地を移されて宮川藩を立藩し9代170余年在封 
定府大名。宮川藩の陣屋碑は日枝神社横に有る。堀田家菩提寺の金蔵寺/浅草2006.05参詣 平成8年10月探訪/高橋先生/同19年9月再訪/同26年
※一口メモ幕末維新時の宮川藩:維新時の宮川藩は定府大名だったために、藩主の上京が遅れ不評をかったが、近江諸藩同様に恭順を表した。   
宮川藩の武家門の佇まい
日枝神社横の宮川藩の陣屋碑
宮川藩の陣屋脇の町並
 宮川藩堀田家菩提寺の金蔵寺/浅草 2006.05参詣
   ご住職談:江戸時代は代々の墓所だったが関東大震災後の昭和4年、宗家佐倉藩の佐倉市に改葬した。江戸家老子孫の墓は有り
秀吉の長浜城(模擬天守)
   長浜は宮川藩より秀吉の長浜城が有名