宮津藩:宮津城
宮津藩/宮津城: 丹後(京都)宮津市 本庄松平家 譜代 70千石【雁間】子爵           日本三景の天の橋立
宮津城址は面影皆無。 宮津城太鼓門/宮津小。 宮津藩本庄家菩提寺の大頂寺。 商家の三上家・袋屋。宮津藩の頁
宮津藩探訪歴:平成3年9月探訪/同8年12月/同19年5月再訪B /同26年6月更新       宮津藩の支藩:美濃高富藩10石
宮津藩本庄家は5代将軍綱吉の母、桂昌院の弟、本庄宗資が藩祖。元禄元年に足利藩⇒笠間藩⇒浜松藩⇒1759年宮津藩へ、7代100年在封

※一口メモ:@宮津藩の藩主変遷:細川家→京極家(除封)→永井家(殺害除封)→阿部家→奥平家→青山家→1759年本庄家が浜松から宮津藩に入封 し藩主家が定着
A幕末維新時の宮津藩:
維新時の宮津藩は藩論は佐幕であった。淀川を下り幕府軍を追っていた長州軍に発砲した。このため、宮津藩は入京を禁じられ
山陰道鎮撫使の主要な標的とされた。宮津藩の藩内は大慌てになり藩内総謹慎態勢をとった。寺社等の葵の紋をすべて取り払った。その後、宮津藩は北越などに出兵した(宮津藩の出兵は400名で4名戦死)。

天の橋立にて/九州から品川への転勤途次 (平成3年9月)
(平成19年も立ち寄る)
平成19年5月は伊根に立寄る、宮津藩の城下
宮津藩の藩主改葬墓と桂昌院の墓(真ん中)
宮津藩本庄家菩提寺の法受寺(旧安養寺:東京都足立区)
宮津藩の城下、商家:三上家・袋屋
宮津藩の武家長屋門
石垣に宮津城址の面影、宮津藩
宮津藩の宮津城太鼓門
宮津藩本庄家菩提寺の大頂寺と御霊屋:ご案内の和尚さん、有難うございました。