日向宮崎城
日向宮崎城:宮崎県宮崎市池上町 日向宮崎城探訪歴: 2011.011
日向宮崎城は延元元年(1336)図師六郎が築城した。その後、日向宮崎城は伊東氏の所領となり、天文5年(1536)には伊東義祐が佐土原城からら居城を移した。天正5年(1577)、島津氏の持城となる。天正15年(1587)、豊臣秀吉の九州征伐後、延岡城主高橋元種の所領となり城代が置かれた。
 慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いの時、高橋氏は西軍に与し、東軍に与した伊東氏によって攻められ日向宮崎城は落城した。しかし、高橋元種は東軍に寝返り本領安堵となっていた。 このため慶長6年に日向宮崎城は再び高橋氏に戻された。 慶長18年(1613)、高橋元種が改易となり、有馬直純が延岡へ入封となり、日向宮崎城も有馬氏の持ち城となったが、元和元年(1615)の一国一城令によって廃城となった。 
日向宮崎城のページ。
日向宮崎城への登城道は誰も訪れが無いのか草薮が生い茂っている。                  日向宮崎城の登城口の見取り図
献堂44号沿いの「だきっこ保育園」脇に日向宮崎城跡の木柱碑が建っている。そこから500Mで 宮崎城万願寺口の門がある。
Back