水沢要害:水沢城
高野長英の墓
水沢要害領主、留守伊達家菩提寺の大安寺と墓所
             水沢要害/水沢城の三の丸の黒門                     水沢要害、三の丸/市役所
高野長英旧宅/水沢要害 後藤新平旧宅:台湾総督府民政長官・満鉄総裁・逓信大臣・外務大臣
水沢要害の日高小路、吉小路には武家屋敷門が江戸の面影を残している
高野長英(1804-1850年):幕末の蘭学者、医者    菩提寺は大安寺。
幕府の鎖国政策を批判する「夢物語」を書いて、幕府に弾圧され「蛮社の獄」で投獄された。火災に乗じて、逃亡生活をしていたが、1850年に幕府の捕方に襲われ自決した。                         有名人の墓>    
水沢要害/水沢城:岩手県奥州市水沢区大手町1丁目  伊達一門、留守伊達氏16千石   水沢要害探訪歴 2010.05
葛西氏の被官、佐々木氏は、1591年一揆で主家とともに滅亡した。その後、仙台藩伊達領となる。白石氏⇒柴田氏⇒石母田氏⇒寛永6年(1629年)伊達宗利(留守氏)が16千石で水沢要害に入城し、明治維新まで240年間続いた。 本丸、二の丸の跡は住宅地で面影ないが三の丸(市役所)に黒門がある。有名人としては、高野長英・後藤新平がいる。 水沢要害の領主、留守伊達氏菩提寺の大安寺。