門司城 
門司城:福岡県北九州市門司区門司 門司城探訪歴:昭和48年・多数・平成25年11月伊作35会の旅途次
門司城は建長7年(1255)藤原親房が入城し、門司氏を名乗る。戦国時代は大内氏、大友氏、毛利氏などが城をめぐり争ったが、永禄元年(1558)小早川隆景を大将とする毛利勢が門司城を奪取した。永禄4年には大友の軍勢数万人が門司城を攻めたが撃退している。慶長5年(1600)関ヶ原の戦い後に細川忠興が豊前国に入封した(小倉藩の居城は小倉城)。門司城は元和の一国一城令により1617年廃城となった。    
下関の唐戸市場からみた門司城のある山  門司城からは眼下に関門大橋が眺められる
 
門司城本丸跡  門司城石垣?
大日本帝国海軍の要塞跡 
        門司城から見た大正ロマンの町、門司港 関門大橋の向こうは下関市
 Back