母里藩/母里陣屋

母里藩/もり藩 出雲(島根)安来市伯太町 松平家・松江藩分家 家門 10千石【帝鑑間】子爵 
定府大名/10代200年在封。母里藩の陣屋跡は伯太中学校。武家屋敷 数棟。松平家菩提寺の天徳寺/東京虎ノ門 参詣H17.年1月。
母里藩探訪 昭和54年8月探訪/平成19年7月再訪は大雨/26年6月更新 ☆松平隆政が1666年に分地を受け母里藩を立藩、10代200余年在封
                                   母里藩、武家屋敷が数棟/東母里
                                 母里藩の城下伯太の町並

母里藩松平家菩提寺の天徳寺/東京虎ノ門
 (津山藩、糸魚川藩等 家門などが菩提寺とした)
 墓は改葬され多摩霊園へ

※一口メモ:@宝暦10年(1760)、母里藩は藩財政の窮乏により陣屋建物を売却した。母里藩が陣屋の再建を企てなのは明治元年秋。最終的には完成前に廃藩となった。
A幕末維新時の母里藩:母里藩は定府大名で、最後の藩主は第一次征長(1864年)でお国入りしたが、その時点では母里藩の藩邸もなかった。又藩士全員が江戸藩邸を引き払い帰国したという。維新時の母里藩は宗藩の松江藩にならい新政府に恭順した。