守谷城 
守谷城:茨城県守谷市本町(守谷小学校辺り)                                 守谷城探訪:2013.09
守谷城の築城は記録になく不明。鎌倉中期には相馬氏が在城。相馬氏はお家騒動・上杉謙信勢・古河公方勢など勢力争いに巻き込まれていった。永禄10年(1567)から小田原北条氏の配下となる。天正18年(1590)秀吉の小田原征伐で相馬氏も没落した。寛永5年(1628)土岐氏が出羽上山藩転封で守谷城は廃城となる。 伝、平将門城址でもある。                                                        
 守谷城址碑   守谷城址碑から小学校を望む
 


<平将門>

平安中期の武将。通称、相馬小二郎。
 父は良持とも良将とも。935年、所領争いなどから叔父国香を殺し、一族との抗争を招く。又土豪間の紛争に巻き込まれて、しばしば兵を動かす。常陸・上野・下野の国府を占領するに至って東国に独立国家を作る野望を抱き、新皇を称したが、平貞盛らに討たれた。
 守谷城土塁の一部 小学校の一角に建つ<平将門城址の碑> 
Back