本佐倉城 
本佐倉城(もとさくらじょう):千葉県印旛郡酒々井町本佐倉                                   本佐倉城探訪:2014.03 
 本佐倉城は下総守護千葉氏が文明年間(1469~1486)に築城し、天正18年(1590)年、豊臣秀吉が小田原を攻めると、北条氏の支配下に入っていた千葉氏も共に滅亡(本佐倉城主9代目)、本佐倉城は徳川家康の領地となり廃城となった。 菩提寺の海隣寺・勝胤寺。 本佐倉城は「国指定史跡」
                                   本佐倉城の大堀切と木戸跡 
                                     本佐倉城、本丸跡(城山)
 千葉氏の氏神である妙見尊を祀る郭で儀式や儀礼のための場所  倉庫だけではなく人の生活する空間も存在していた
 東虎口:本佐倉城の内郭への玄関口/前方の突き当り丘が城山  搦め手口の内側に位置し、その名の通り馬場と考えられる
 
    本佐倉城に近い勝胤寺 :本佐倉城3代城主千葉勝胤が建立                本佐倉城7代城主千葉胤富等の供養塔   
海隣寺:千葉氏歴代の菩提寺と墓所 / 佐倉市役所に隣接 /本佐倉城    
 Back