向羽黒山城 
向羽黒山城:福島県大沼郡会津美里町字船場   向羽黒山城探訪 2015.10
向羽黒山城は国指定史跡  戦国時代、会津を治めた16代葦名盛氏が築城、その後伊達政宗、蒲生氏郷が重要な要衝として改修を加え、上杉景勝・直江兼続主従が最後の砦とした天然の要害がこの向羽黒山城。 花見ケ森廟所(盛氏・盛興・盛隆)/会津若松市花見ケ丘2丁目。 
葦名氏は相模(神奈川県)の三浦一族。鎌倉幕府(1192年)を樹立した源頼朝の御家人として、会津の穀倉地帯である北部を中心に領地を得た。
葦名氏の全盛期を築いた16代盛氏が永禄4年(1561)に8年の歳月をかけて隠居城として向羽黒山城を築城した(居城は黒川城/現会津城)。領内の豪族をまとめあげ百万石の会津太守と呼ばれるようになった。しかし、盛氏の嫡男で17代の盛興は、世継を残さず天正2年(1574)29歳の若さで病没。そのため盛氏は、残された盛興婦人(伊達氏女)に、人質の二階堂盛隆(18代)を婿にして葦名家を継がせたが家臣に斬殺され、その子亀若(王)丸も幼年のまま病死した。全盛期を築いた盛氏でしたが、天正8年に60歳で没して以降、その後の養子問題でも家中が乱れ、天正17年(1589)、摺上原の合戦で伊達政宗に大敗し、会津支配400年の歴史に終止符を打たれた。
その後、葦名氏は佐竹氏の家臣となり秋田久保田藩の角館に16000石を領した。しかし子孫は相次いで病死して、名門葦名氏は家系が断絶した 
 向羽黒山城への登城路             向羽黒山城の空堀
 
             向羽黒山城の空堀                  向羽黒山城本丸
 
                向羽黒山城本丸  前方右側が会津若松市
 
 花見ケ森廟所(盛氏・盛興・盛隆の墓)             角館にある葦名家の天寧寺墓
※会津本郷資料館脇を登り、2の丸跡の駐車場に車を置き、徒歩15分で本丸。 
Back  有名人の墓>