鮭が遡上する村上藩:村上城
村上藩/村上城:越後(新潟)村上市 内藤家・延岡藩分家 譜代 50千石【帝鑑間】子爵 ☆内藤弐信が1720年に村上藩に入封し9代120余年在封
村上藩内藤家菩提寺の光徳寺。  武家屋敷の若林家・成田家。  寺町の浄念寺。  イヨボヤ会館。 村上藩
                        村上藩探訪歴:平成14年10月探訪/26年6月更新
村上城が臥牛山に初めて城が築かれた年代は定かではないが、戦国時代に本庄氏によって築城されたとみられている。当時は本庄城と呼ばれており、木柵で防御された中世の城郭であった。永禄11年(1568)本庄氏は上杉謙信に反旗を翻した。1年に亘り籠城し、謙信に抵抗したがままならず、嫡子を人質に出し、所領を一部没収されることで講和を受け入れ、その後上杉氏に従属した。
慶長3年(1598)、上杉氏が会津へ120万石で転封に伴って)、本庄氏も会津へ。その後に堀秀治の家臣村上勝頼が入城した。
※一口メモ:@村上藩の藩主家変遷: 村上家(除封)→堀家(無嗣絶家)→本多家→松平家(越前)→榊原家→本多家→松平家(大河内)→ 間部家→1720年に内藤家が田中藩から村上藩に入封し藩主家が定着
A幕末維新時の村上藩:維新時の村上藩は、はじめ奥羽越列藩同盟に加入したが、新発田藩を先陣とした新政府軍の攻撃を受け、城に火を放ち会津へ逃亡した。その後、村上藩の恭順派は新政府軍に加わって、庄内口の先鋒となった。この混乱の中、藩主信民(17才)は自殺したといわれる。村上藩は結局は2派に分かれた悲惨な戦いとなった。村上藩の戦死者は12名。
村上藩の城下、イヨボヤ会館
村上藩内藤家の光徳寺藩主家墓所
村上藩の武家屋敷
村上藩、村上城と城址から町並を遠望