村松藩:村松陣屋
村松藩/村松陣屋:越後(新潟)五泉市村松 堀家 外様 30千石【柳間】子爵 ☆堀直吉が1644年安田から移し村松藩に、12代220余年在封
村松藩の陣屋跡は郷土資料館。  村松藩堀家菩提寺の英林寺。 曹洞宗の名刹慈光寺/門前で蕎麦を食す。  村松藩
村松藩の支藩:越後椎谷10千石・信濃須坂藩10千石  別家:信濃飯田藩15千石 村松藩探訪歴: 平成12年10月探訪/同22年8月再訪  

※一口メモ:@幕末維新時の村松藩:維新時の村松藩は佐幕派と勤王派が激しく争い、勤王派の有志が処刑され、奥羽越列藩同盟に参加したが、村松城が落城すると藩主の直賀は米沢に逃れた。村松藩の勤王派は弟の直弘(最後の藩主)を擁して新政府軍に帰順し会津攻めに出兵した(村松藩からの出兵人数は不明だが戦死者は16人)。   

村松藩堀家菩提寺の英林寺と歴代藩主墓所
村松藩の村松陣屋跡