名張陣屋
名張陣屋:三重県名張市丸の内54-3 名張藤堂家(津藩藤堂家分家)  津藩の藩内領主  15千石
名張陣屋.。名張陣屋太鼓門/寿榮神社。名張藤堂家菩提寺の徳連院 名張陣屋探訪歴:平成10年3月・長谷寺と室生寺//同25年5月・お伊勢さん
名張陣屋の領主、名張藤堂家とは:藤堂高虎は実子に恵まれず、養子の高吉(丹羽長秀の3男)を後継者にと考えていたが、慶長6年(1601)に高虎の実子、藤堂高次が生まれ、その話も消滅する。伊予今治城主(高虎の城代)となっていた高吉は、嘉永7年(1630)、養父高虎の死後、実子の高次の家臣として仕えるようになる。寛永9年(1632)、松平定房が今治に入封されることとなったため、伊勢国内へ2万石の移封となった。しかしその後、寛永13年(1836)、高次の命により名張に移封され、名張陣屋を構築した。次男以下3名に5000石を分知し、15000石となった。
名張陣屋
名張陣屋領主、藤堂家菩提寺の徳連院の歴代領主墓
名張陣屋太鼓門/移築