鍋島陣屋 
鍋島陣屋:長崎県雲仙市国見町神代  鍋島陣屋探訪:2014..11
鍋島陣屋は佐賀藩35万石の飛地、長崎県国見町神代にある佐賀藩家老の1人、神代鍋島家6200石の陣屋  国重要指定文化財       
神代は、南北朝時代から神代氏が領有していた(神代城)。天正15年(1587)の豊臣秀吉の九州征伐後に佐賀地方を領有していた鍋島直茂に神代領が与えられた。直茂は慶長13年(1608)、実兄である鍋島信房へ神代領を与えた。 鍋島陣屋・家臣屋敷は神代城の麓に築かれた。   
 
神代城/鶴亀城 
神代城/鶴亀城:長崎県雲仙市国見町神城  
 神代城は、神代貴益が鎌倉時代後半に築き、代々神代氏の居城であった。 天正5年(1577)、龍造寺隆信は、日野江城主、有馬晴信を攻めるべく神代城を本陣として、沖田畷の合戦が行われた。 この合戦で龍造寺隆信は討ち死にする。 この時、神代城主の神代貴茂は、城に籠もり有馬勢を迎え撃ってたが、貴茂は謀殺され、神代氏は滅亡した。 
   本丸跡に建つ神代神社
 2の丸跡は野菜畑  江戸時代の鍋島陣屋後方の林が神代城跡
 鍋島陣屋庭園
 鍋島陣屋長屋門/15間×2間
Back
鍋島陣屋の周りは武家門や矢立の生垣などが残っている