苗木藩:苗木城
苗木藩/苗木城: 美濃(岐阜)中津川 遠山家 外様 10千石【柳間】子爵          ☆遠山友政が1600年に苗木藩に入封し12代270余年在封
苗木城は眼下に木曽川を望む自然石利用の山城。 苗木藩城下の海鼠壁の家。 苗木藩遠山家墓所。  (馬籠宿、妻籠宿に寄る)  
               苗木藩探訪歴:平成2年5月探訪は帰省途次/ 同10年秋再訪/同23年4月B:根尾谷の淡墨桜観桜の途次 苗木藩 
             平成2年5月妻籠宿も訪ねる                  平成23年4月は根尾谷の満開の淡墨桜の観桜途次(樹齢1500年)

苗木城からの眼下の木曽川の眺望はすばらしい

苗木城とは:期鎌倉時代初期、地頭職の遠山氏は岩村城を本拠地として恵那郡を統治していた。その後、遠山氏は那木(苗木)と呼ばれた木曽川北部進出をはかっていった。1331〜1334年に高森山(現在の中津川市苗木町)に砦を築く。
 戦国時代の
天分年間(1532年)遠山直康が高森に苗木城を築いた。信長没後、豊臣秀吉の家臣の森長可に苗木城を落とされ、苗木城主の遠山友忠は徳川家康を頼った。1600年、関ヶ原の戦い起こると、友忠の子、遠山友政は苗木城を奪い取った。戦後この功が家康に認められ、遠山氏は再び苗木城に入城し、苗木藩を立藩した。
                                    <幕末275藩
     <小さな城下町
※一口メモ
@幕末維新時の苗木藩: 最後の藩主は幕府の若年寄を務めたが、勤皇の強い藩内情勢で、江戸から苗木藩に帰国し、新政府の東征軍に出頭し、勤王の決意を伝え許された。苗木藩は岩村藩などと信州防備の命を受け出兵したが小藩ゆえ苗木藩からの出兵は50名だった。
A苗木藩は1万石だが城主大名であった。苗木城は別名、赤壁城といい、自然石と石垣で出来ており、本丸からの木曽川の眺望は素晴らしい。 
苗木藩遠山家歴代藩主墓所 //菩提寺は明治の廃仏毀釈で無い
 愛車のホンダCR-V:平成10年