長浜城
長浜城:滋賀県長浜市  秀吉がはじめて一国一城の主となった長浜城    
天正元年(1573)9月浅井長政滅亡後、湖北を支配した羽柴(豊臣)秀吉は、姉川合戦と小谷攻めの功績により織田信長から浅井氏の領国の大部分を与えられ小谷城に入った。 そして翌天正2年夏には、今浜に築城を開始した。材木は竹生島などから運び、石材は領内から集められ、石仏や五輪塔などの墓石まで使用された。 天正3年(1575年)秋頃に秀吉は小谷から今浜城に移り、地名を長浜に改めて天正10年まで長浜城に在城した。
天正10年には、清洲会議で長浜城は柴田勝家に譲られ勝家の甥、勝豊が入城したがその年の11月、秀吉は勝豊を攻めて、翌年の柴田勝家との賤ヶ岳合戦の軍事拠点としている。天正13年から18年までの長浜城は山内一豊が城主となる。山内家の移封後は次第に荒廃した。
                  長浜城探訪歴:平成3年探訪:転勤赴任時に寄る./同8年10月&19年9月③/同26年8月更新
長浜城榒手城門/知善院             長浜城下、 元浜町界隈、長浜城の城下
徳勝寺(長浜市)と小谷城主浅井家3代の墓に参詣 平成19年9月(長浜城の城下)