長岡藩:長岡城

       長岡藩の城下にある榮涼寺 長岡藩の歴代藩主のお墓/昭和63年 東京三田の済海寺から
幕末の長岡藩、12代忠訓と13代忠毅公の墓 長岡藩河合継之助墓

有名人の墓へ>

長興寺と山本五十六の墓(真中)
1884〜1943年  26.27代連合艦隊司令長官  元帥海軍大将  ソロモン戦線で米軍により戦死した
山本五十六の墓
※一口メモ:@長岡藩の藩主変遷:家康の6男松平忠輝領(除封)⇒堀家⇒元和4年(1618)、牧野忠成が越後長峯から長岡藩に入封した。
A幕末維新時の長岡藩:幕末の長岡藩は佐幕や勤王でなく、あくまでも局外中立を貫こうとした。しかし、新政府軍は腑に落ちないものを感じて、朝敵とみなしたので、奥羽越列藩同盟を結成し、北越戦争に突入し、長岡城は落城した(254名戦死)。戦後、長岡藩は
50千石減封されて、24千石になった。
河井 継之助:(1827年 -1868年)は幕末期の長岡藩牧野家の家臣である。慶応4年(1868年)長岡藩は参戦に踏み切り、さらに奥羽越列藩同盟を結成、河井継之助はその総督として善戦したが5月長岡城が落ち、その後の7月25日の戦いで傷ついた。継之助は会津に逃れ再起をはかるため、千数百名と共に八十里越を会津に向かった。山越えは難渋を極め、山中に一泊して8月5日只見に着き、傷の手当を受けた。8月12日幕府医師、松本良順のすすめで会津若松に向けて出発、途中塩沢に投宿した。継之助は、すでに死期を予感し、従者松蔵に死期の準備を命じ、その夜静かな眠りに入った。時に慶応4年(1868年)8月16日であった。
長岡藩の藩祖、忠成の墓所と普済寺
          長岡藩の長岡城本丸跡の碑/長岡駅前          悠久山の長岡藩の歴代藩主墓石/昭和63年、東京三田の済海寺から移設
長岡藩/長岡城: 越後(新潟)長岡市 牧野家 譜代 74千石【帝鑑間】子爵         ☆牧野忠成が1618年に長岡藩に入封し13代250余年在封
  定府大名.。長岡城(址)は長岡駅一帯だが戊辰戦争で城下焼失。悠久山の藩主霊廟。 長岡藩牧野家の菩提寺の普済寺に藩祖・榮涼寺に幕末の12代13代。 榮涼寺の河合継之助墓。 長興寺の山本五十六墓。    明治維新時の米百俵で有名  長岡藩
平成6年11月探訪、12年5月・22年8月再訪 長岡藩の支藩:常陸笠間藩80千石・信濃小諸藩15千石・越後三根山藩11千石 田辺藩は別系統