長篠城
長篠城:愛知県新城市長篠・・・武田軍の歴史的大敗となった長篠の戦い(鉄砲と騎馬軍団の戦い)の舞台    長島城探訪歴:H18.08/H28.09再訪
1575年5月、長篠城(500人の兵)は15,000人の武田勝頼軍の攻撃を受け、落城寸前であった。長篠城主の奥平貞昌の命で、鳥居強右衛門は城を脱出し、岡崎の徳川家康のもとに走り、織田・徳川連合軍の援軍に成功した。その帰途、鳥居強右衛門は再度、長篠城に入城するところを武田軍に捕らえられ磔の刑に処せられた。36歳であった。 鳥居強右衛門の墓は新昌寺。 長篠城。
 ☆江戸時代、元禄2年(1698年)、一色氏・3500石が千葉県木野崎から領地替えとなり、長篠城址の帯廓址に陣屋を構えた(代官は林氏)。
豊川を挟んだ向こう側が、磔の場所
           

長篠城

鳥居強右衛門 磔刑の絵
長篠城移築城門

長篠城