織田秀信陣屋-名護屋城 
織田秀信陣屋:佐賀県唐津市鎮西町名護屋             織田秀信陣屋探訪:昭和48年8月/平成26年11月再訪②
豊臣秀吉の朝鮮出兵の名古屋城の地に築いた織田秀信(信長の嫡男、信忠<本能寺の変で自害>の嫡男)、美濃岐阜13万石の陣屋跡
 名護屋城は豊臣秀吉の朝鮮出兵(文禄・慶長の役)に際しての出兵拠点として築かれた城。1592(文禄元)年の開戦から秀吉の死で諸大名が撤退するまで、7年の間大陸侵攻の拠点となった。名護屋城の面積は約17ヘクタールにおよび、当時では大坂城に次ぐ規模を誇った。周囲には130以上に上る諸大名の陣屋が構築され、全国から20万人を超える軍勢が集結した。現在、名護屋城址と23箇所の陣跡が国の特別史跡に指定されている。 
 道路脇にある陣屋跡  雑木林に覆われている
Back