名護屋城址 
名護屋城址:佐賀県唐津市  豊臣秀吉の朝鮮出兵の前線基地   昭和48年7月探訪(平戸藩・島原藩・雲仙天草の途次)/平成26年11月再訪
 名護屋城の移築城門:唐津市の近松寺と浄泰寺の山門
名護屋城は豊臣秀吉の朝鮮出兵(文禄・慶長の役)に際しての出兵拠点として築かれた城。1592(文禄元)年の開戦から秀吉の死で諸大名が撤退するまで、7年の間大陸侵攻の拠点となった。名護屋城の面積は約17ヘクタールにおよび、当時では大坂城に次ぐ規模を誇った。周囲には130以上に上る諸大名の陣屋が構築され、全国から20万人を超える軍勢が集結した。現在、名護屋城址と23箇所の陣跡が国の特別史跡に指定されている。
名護屋城天守跡
名護屋城本丸跡
名護屋城大手口
名護屋城本丸石垣と馬場

名護屋城移築門
 近松寺/唐津市

昭和48年7月探訪(平戸藩、島原藩、雲仙、天草5橋の旅の途次に立ち寄る。

名護屋城移築城門
 浄泰寺/唐津市