名島城 
名島城:福岡県福岡市東区名島一丁目(名島神社に駐車した)                        :: 名島城探訪歴:2013.10 伊作35会旅の途次
天正15年(1587)、島津氏を降伏させた豊臣秀吉は毛利氏の重臣の小早川隆景に筑前国他を与えた。隆景は水軍の本拠とできる築城を計画し、名島城を大改修した(立花山城の出城だった)。慶長5年(1600)の関ヶ原の戦い後、2代目城主の小早川秀秋は岡山51万石で転封し、豊前中津から黒田長政が52万石で入封し、福岡城を築城した。名島城の建物や石垣は福岡城の資材となり、慶長7年に廃城となる。 名島門/福岡城・搦手門/宗生寺。     
  名島城本丸
   
名島城の本丸石垣・隅櫓石垣が少しは残っている
 名島城本丸から海側を望む
                    名島門/福岡城                                  名島城搦手門/宗生寺 
 

小早川隆景の墓//宗生寺:福岡県宗像市大穂937
小早川隆景(1533~1597)は毛利元就の三男で戦国武将。小早川の養子となる。毛利家の武将として活躍していたが、1585年頃から秀吉の武将として転戦し、天正15年(1587)、筑前一国他で30万石余を拝領し名島城を大改修し本拠とした。1595年に秀明に譲り、三原城を隠居城とし2年後に死去した。隆景は豊臣五大老でもあった。
 
宗生寺には名島城の搦手門が山門として移設されており、隆景の墓所(供養墓または分骨)と4人の部下の墓。

有名人の墓>

Back