中津藩:中津城
中津藩/中津城:豊前(大分)中津市 奥平家 譜代 100千石【帝鑑間】伯  中津城 青の洞門・耶馬溪・・国東半島
福沢諭吉生家。中津藩金谷武家屋敷街 。中津藩家老生田家門や武家門数基。 中津藩奥平家菩提寺(位牌)の自性寺。寺町通り/赤壁の寺。
中津藩奥平家の歴代墓所は清光院/東京品川2006.07参詣  
中津藩
転勤族譜代:加納藩→宇都宮藩→古河藩→山形藩→宇都宮藩→宮津藩→1717年から中津藩へ 昭和47年9月探訪/平成21年4月再訪 多

<小さな城下町

<幕末275藩

※一口メモ
①中津藩の藩主変遷: 黒田家→細川家→小笠原家→1717年、奥平家が宮津から中津藩に入封し藩主家が定着
福沢諭吉は大阪の中津藩の蔵屋敷で生まれた。3歳で父が死亡、中津に帰る。長崎に遊学し、大阪に出て緒方洪庵の適塾塾頭になった。3度にわたり幕府遣外使節に随行し欧米の近代文明を見聞した。慶応義塾を作る。
③幕末維新時の中津藩:幕末維新時の中津藩は新政府軍として会津戦にも145名の兵士を出陣させた。戦後、中津藩は2千両の賞典金を賜った。
中津城の築城:天正15年(1587)、黒田孝高(如水)が秀吉より豊前国16万石を与えられ中津城の築城に着手した。1,600年の関ヶ原の戦いでのの戦功で筑前52万石で転封し中津城の築城が中断された。同年 、細川忠興が豊前国と豊後国2郡39万石で入封し、大修築を開始する。慶長7年(1602)小倉城の築城に着手し、忠興は小倉城を主城で居城とした。修築中の中津城の城主は忠興の次男細川興秋になる。元和7年(1621)に 扇形の縄張りに拡張され、中津城が完成した。

中津藩の中津城下の町並み
中津藩武家屋敷街と武家屋敷門
中津藩家老、生田家門⇒
中津城/中津藩
中津藩の中津城下の寺町界隈と赤壁のお寺(中津藩城下)
福沢諭吉生家/慶応義塾創始者(中津藩の城下)
中津藩奥平家菩提寺(位牌所)の自性寺
中津藩奥平家菩提寺の清光院&歴代墓 2006.07参詣