七尾城 
七尾城:石川県七尾市古城町                                  七尾城探訪:2014.04
七尾城は標高300mにある国指定史跡。 移築城門/西光寺。 登城:七尾城には本丸下まで車で行ける。   
畠山満慶が応永15年(1408)能登守護になる。応仁の乱が終了した文明9年(1477)に3代目畠山義統が能登に入国し七尾城を築城した。その後の戦国時代を通して堅固な城になった。天正5年(1577)、上洛途上の上杉謙信勢により七尾城は落城した。天正9年(1581)、織田信長から能登国を拝領した前田利家(越前府中城主)は七尾城を大改修したが、山城の七尾城は不便となり拠点を小丸山城に移し、天正17年(1589)に七尾城は廃城となった。 
 
 七尾城移築門/西光寺    七尾城縄張り図
 
 調土丸跡から本丸へ  七尾城                   七尾城本丸へ
 
 階段を登ると本丸 七尾城    七尾城本丸跡
 
                                       七尾城二の丸跡 
 
              七尾城 桜の馬場跡    七尾城の鎮護となる九尺石
七尾城
Back