南部藩陣屋跡:モロラン陣屋跡
南部藩陣屋跡:北海道室蘭市陣屋町2丁目5番地
       幕末に蝦夷地警備を命ぜられ、南部藩が陣屋を構築した。    
 <南部藩陣屋探訪歴:平成16年7月:洞爺湖宿>

南部藩陣屋は350人が常駐して警備にあたった大規模な陣屋
部藩陣屋が造られたのは江戸時代の末期。異国船が相次いで来訪し、日本列島の北方域はロシアの侵犯に脅かされていた。このため南部藩が幕府の命により東蝦夷地の海岸警備を命ぜられた。
 安政2年(1855)、南部藩から勘定奉行の新渡部十次郎(新渡戸稲造の父)ら28人が、調査を行った箱館に元陣屋、室蘭市陣屋町付近に、出張陣屋を構築することを決めた。
 翌安政3年の3月から南部藩の大工18人、左官4人、屋根ふき5人、土方40人、きこりなど45人余りで工事が進められ、同年9月に南部藩陣屋が完成した。
南部藩陣屋は、約17500平方メートルで、高さ2〜3mの方形の土塁をめぐらしている。その外側には掘が造られ、特に港内に面した正面は水濠になっている。これら内陣と掘の外側には外陣土塁がめぐらされている。内陣には、火縄銃の鉄砲武者たちの兵舎や稽古場、馬屋、大砲置き場など7棟と井戸が設けられ、陣屋の後背には、土塁囲みの火薬庫もあった。

また、崎守と絵鞆に台場を作り、陣屋と三方から湾内への侵入船を撃退する陣を構えた。この後、南部藩陣屋には12年余りにわたり、南部藩から約350人が常時派遣され守備兵として駐留した。
明治に変わる直前の慶応4年(1868年)新政府から南部藩陣屋の引き渡し命令があったが、南部藩は奥羽越列藩同盟に参加していたので陣屋の引渡しを拒み、同年8月、藩士は南部藩陣屋を焼き払い、引き揚げた。
100mしか飛ばなかった南部藩陣屋の大砲
現室蘭市崎守町の台場で大砲の試射を行ったところ、約7.5〜19kgの柘榴弾は目標の約1090mに対し、一番飛んだので約109m、ひどいのは、わずか2、3mしか飛ばなかったとされる。
砲弾は、昭和45年に、直径2.6cmから11.5cmまで大小5種類が内陣から発掘され、隣接する民俗資料館に展示されている。なお、先込め式大砲の方は行方不明となっている。