根城-青森 
根城:青森県八戸市根城                                 根城探訪歴:2015.05
根城(ねじょう)は、南北朝時代の南朝方の武将・南部師行(なんぶもろゆき)が建武元年(1334年)に築城した。本丸のほか中館、東善寺館など合わせて8つの郭からなる平城で約18.5万平方メートルの城跡。 天正18年(1590)、豊臣秀吉が小田原北条氏征伐後に東北仕置きで九戸城の九戸氏を滅ぼし南部氏宗家の三戸城主南部信直が南部七郡の所領を安堵され、属将の根城南部氏も根城を受け継いだ。寛永4年(1627)に根城南部氏22代の直義は遠野城(鍋倉城)に移されたので根城は廃城となった。大手門
 根城大手門/江戸期は八戸藩八戸城の東門として移設利用  根城2の丸等
                                        根城の堀跡 
 根城本丸跡の復元館 
Back