<小さな城下町

<幕末275藩

藩主墓前の二本松藩少年隊士の墓:慶応4年、1868年。12〜17才の25名出陣14名戦死
智恵子の生家 酒屋さん。二本松藩の城下にて
二本松藩丹羽家菩提寺の大麟寺と歴代藩主の墓
傘 松/二本松藩・二本松城
洗心亭
二本松城本丸/二本松藩
二本松藩:二本松城
二本松藩/二本松城: 陸奥(福島)二本松市 丹羽家 外様 100千石【大広間】子爵              悲劇の少年隊の城
二本松藩丹羽家菩提寺の大隣寺と少年隊士のお墓。 紅葉の洗心亭と傘松。  日本一の菊人形展。 高村光太郎と知恵子の故郷。
二本松藩探訪歴 昭和59年5月探訪/平成9年秋/同18年11月/27年10月C再訪  丹羽光重が1643年に二本松藩に入封し11代220余年在封

※一口メモ:@二本松城の築城:二本松城は、応永21年(1414)に畠山満泰(二本松満泰)によって白旗ヶ峰に築城され、以後9代に渡って二本松城は畠山氏の居城となった。天正13年(1585)、時の二本松城主の畠山義継は、伊達政宗の父輝宗を拉致したが阿武隈河畔で政宗によって輝宗共々射殺された。 二本松城は、翌年再度政宗に攻められて、城主義綱は開城して会津にさった。
 畠山氏滅亡後、伊達成実が二本松城主となったが、天正18年(1590)に蒲生氏郷が会津に入り二本松城は会津領となった。 二本松は蒲生・上杉・再度蒲生氏領となり、蒲生氏改易後の寛永4年(1643)、
下野烏山より松下重綱が5万石で入封し二本松藩が成立した
A二本松藩の藩主変遷:松下家(寛永4年・16275万石で入封)→加藤家(収公)→1643年、丹羽家が白河から二本松藩に入封した。

B幕末維新時の二本松藩:二本松藩は奥羽越列藩同盟に参加した。戦える殆どの藩士は白河他方面に出兵し、肝心の二本松城内には少年と老人しか残されていなかった。元服前の12〜17才の25名の決死隊が編成され、華々しく散った。14名戦死した。二本松藩の兵士の戦死者は334名にのぼった。また、戦後の賞罰で二本松藩は5万石減封され、5万石の藩になった。

今回も菊人形展/お勧め/二本松藩・二本松城
全山紅葉の二本松城 、二本松藩