韮山城址/静岡県伊豆の国市韮山                                     韮山城探訪歴 平成19年2月探訪/同26年8月更新
北条早雲が1493年、室町幕府の関東拠点の堀越御所に足利茶々丸を討ち、韮山城を伊豆国支配の拠点とした。やがて、北条家は小田原に拠点を移し、5代約100年にわたり繁栄したが、早雲自身は韮山城を離れることなく、1516年、韮山城で88歳の生涯を閉じた。
しかし韮山城はその後も小田原城を中心に関東を支配する後北条氏の重要拠点の一つとなり、永禄年間の末には北条氏康の4男、氏規が韮山城を預かり、伊豆支配の中心居城とした。しかし小田原北条氏は天正18年(1590)の小田原征伐では、豊臣秀吉の大攻勢を受ける。 韮山城にも豊臣秀次の軍勢が迫ったために氏規は籠城して戦い、北条方は総勢約3千6百、豊臣方は総勢約4万4千と伝えられる大きな戦力差のなかで約百日間も持ちこたえたが、ついに韮山城を開城した。その後、関東に入った徳川家康の家臣内藤信成が居城としていたが 慶長6年(1601)に転封され韮山城は廃城となった。
     韮山にある堀越御所跡(室町幕府の関東拠点:33年で消滅) 北条時政:1138-1215年 鎌倉幕府初代執権 頼朝・頼家亡き後、3代将軍源実朝の時に執権となる。墓は韮山の願成就院
   有名人の墓>
韮山城本丸
韮山城遠望
韮山城址