西江原陣屋/一橋徳川家陣屋
西江原陣屋/一橋徳川家陣屋:岡山県井原氏西江原町1674他   西江原陣屋探訪歴:2013.04
遺構:庶民の子弟教育のための学校、興譲館・校門  西江原陣屋の井戸     
西江原陣屋は御三卿、一橋徳川家10万石の知行所のうち、備中国335百石の支配陣屋。文政10年(1827)から明治まで41年間の領地で、8人の代官が派遣された。西江原陣屋の6代目代官、友山勝次は嘉永6年(1853)庶民子弟の教育のため興譲館を建設した。     
興譲館校門                       (現興譲館高校)              興譲館講堂
西江原陣屋の井戸が木の向こう側に見える
表札が「御屋敷」○○宅となっている
        西江原陣屋の土塀
川縁に木角柱の西江原陣屋碑が建っている
Back