西端藩/西端陣屋: 三河(愛知)碧南市 本多家・膳所藩分家 譜代 10千石【菊間】子爵 西端藩
 明治維新の4年前に加増(天狗党の乱における江戸警備の功)されて大名となる。 従い、領地は下総、安房、上総、上野、下野、等7箇所に分散。したがって陣屋も小規模と推定される。 明治維新後の陣屋跡は、殆んどが小学校(又は公共施設、役場)になっている。
 油渕1の応仁寺北東側は昔は西端小学校があった所、本多家旧居もある、碧南の民話からも陣屋があったのではと推察される。 
碧南の民話:
 むかしむかし、本多忠鵬という若いお殿様がおりました。お殿様の陣屋は、油ケ渕の西の小高いおかの上にありました。お殿様は、時々、家来の引く馬に乗って、領地のなかを見回るのですが、小松林に来ると、必ず、お殿様をお出迎えするものがおりました。それは一匹の小猿でした・・(市民叢書「碧南の民話」より)
                  西端藩本多家菩提寺の康順寺に最後の藩主、本多忠鵬墓。  本多家旧居
                    西端藩探訪歴:平成16年1月探訪/同18年8月再訪/同26年6月更新
西端藩本多家菩提寺の康順寺と本多忠鵬の墓(最後の藩主)
※一口メモ
西尾城主、本多康俊の二男、忠相が1616年に西端に1000石拝領、その後加増され8000石の大身旗本となる。江戸時代の殆どは旗本であったが、幕末の元治元年(1864)、10代目の忠寛の時に大名となった。<下野の領地にある高林代官所>。
A幕末維新時の西端藩:定府大名の西端藩は慶応4年4月、江戸から118名が西端に帰国した。最後の西端藩の藩主、忠鵬が上京の途中で滋賀県石部に至った時に、会津討伐のため、尾張藩に同道せよと命が下った。西端藩は兵を整えたが出兵はなかった。 

西端藩:西端陣屋 
西端藩の陣屋跡と推定される藩主旧居跡
「現在位置」は応仁寺。応仁寺境内の掲示板略図