西尾藩:西尾城

※一口メモ:@西尾藩の藩主家変遷: 本多家→松平家(大給)→本多家再封→太田家→井伊家→増山家→土井家→三浦家→1764年に山形から 松平家(大給)が西尾藩に再封し藩主家が定着
A転勤族大名の西尾藩松平家:岩村藩⇒浜松藩⇒館林藩⇒佐倉藩⇒唐津藩⇒鳥羽藩⇒伊勢亀山藩⇒淀藩⇒佐倉藩⇒山形藩⇒1764年に西尾藩へ 藩主や藩士も引越しがさぞ大変だったろう。
B幕末維新時の西尾藩:
維新時の西尾藩は新政府に恭順したが、安政の大獄や薩摩藩邸焼き討ちに関与したことから厳しく問い詰められた。しかし勤王の意志が固いことを認められ、西尾藩は京都所警備に当たった。   

西尾藩の寺町界隈の佇まい
西尾藩の武家屋敷も散見
西尾藩三河(愛知)西尾市 大給松平家 譜代 60千石【帝鑑間】 子爵         ☆松平乗祐が1764年に西尾藩に入封し5代100余年在封
西尾藩松平家菩提寺の盛厳寺(松平乗全4代藩主)。武家屋敷。寺町界隈 。歴代藩主菩提寺の天徳寺/虎ノ門。  
西尾藩の支藩:美濃岩村藩・豊後府内藩・信濃田野口藩 西尾藩探訪歴:平成7年5月探訪/同18年8月再訪/同26年6月更新
平成7年5月西尾藩探訪時撮影。当時城の櫓は復元中
復元された西尾城の大手門と天守閣/西尾藩
西尾藩大給松平家菩提寺の盛厳寺          松平全乗(4代藩主)と奥方の墓
江戸に於ける西尾藩大給松平家歴代藩主の菩提寺の天徳寺と累代墓/虎ノ門