西大平藩 :西大平陣屋
西大平藩 /西大平陣屋: 三河(愛知)岡崎市 大岡家 譜代 10千石【菊間】子爵           ※8代将軍吉宗に抜擢、江戸町奉行、大名へ。
 定府大名  越前守旧邸宅碑  西大平藩大岡家菩提寺の浄見寺/茅ヶ崎   西大平藩の陣屋は郡代、郡奉行以下10名程だった 大平陣屋門扉
西大平藩探訪歴:平成9年春探訪/同18年8月再訪/同26年1月更新 西大平藩大岡家(3男系)別家:武蔵岩槻23千石(4男系)

<幕末275藩

<戻る

※一口メモ:@西大平藩の成立:寛延元年(1748)5920石の知行と役高を合わせて万石格の寺社奉行大岡忠相が奏者番となり、4080石を加増され、1万石となり、諸侯に列し、西大平に陣屋を構え、西大平藩が成立した。大岡忠相は名奉行として知られた江戸南町奉行の越前守忠相である。
A幕末維新時の西大平藩:維新時の西大平藩は新政府に恭順し、田原藩等と熱田から新井までの輸送任務を命じられた。西大平藩からの出兵人数は
40名であった。

B西大平藩の領地は旗本から出世の都度、加増されていったので、相模(神奈川県)にも領地があり、そこの浄見寺を菩提寺、墓所とした。

平成9年探訪時は江戸時代の西大平藩の陣屋門扉が残っていた
東海道一里塚  西大平藩
陣屋稲荷 西大平藩
西大平藩の陣屋/復興
西大平藩大岡家の菩提寺、浄見寺/神奈川県茅ヶ崎市