西大路藩:西大路陣屋
西大路藩/西大路陣屋 近江(滋賀)日野 市橋家 外様 18千石【柳間】子爵     ☆市橋長政が1620年に西大路藩を立藩し10代240余年在封
西大路藩の御殿(京都相国寺林光院)。西大路藩の陣屋裏門(経王寺)。日野曳山祭。蒲生氏郷故郷 。近江鉄道日野駅からバス一人旅 西大路藩市橋家菩提寺の清源寺/藩主3人(江戸の菩提寺南泉寺/西日暮里には初代長政他5人)。(平成8年7月探訪/同12年10月/同19年9月再訪/26年6月更新)
西大路藩の陣屋門/移築

※一口メモ
①幕府から幕府砲術家の高島秋帆を罪により2年間、西大路藩江戸藩邸に預けられた。この時、西大路藩は西洋砲術の多くを伝授された。
②維新時の西大路藩(仁正寺藩):維新時の西大路藩は鳥羽伏見の戦いでは京都の南を守る四ツ塚門の警備にあたった。又、東北方面の戦いにも参加(104名出兵)し、戦後にその功労として西大路藩は賞典金5千両を賜った。
西大路藩市橋家とは:戦国時代中期、市橋長利は斎藤道三、織田信長に仕えた。信長没後、豊臣秀吉に従い、美濃の今尾で1万石の所領を与えられて大名に列した。1600年の関ヶ原の戦いでは東軍に与し、功績(今尾城に籠り大垣と桑名の道を防いだ)により伯耆矢橋藩21千石に加増された。
 その後の、大阪の陣でも功を挙げて越後三条藩4万1000石に加増された。しかし長勝は継嗣亡くして没する。このため市橋家は無嗣改易の危機に立たされたが、従来の功績に免じて長勝の甥である長政家督相続を許され、所領を近西大路藩に減移封されることで存続した。

西大路藩市橋家菩提寺の清源寺/3人の藩主
西大路藩の城下、古い町並みが沢山残っている
西大路藩 110石格の武家門
西大路藩の陣屋御殿:京都府相国寺林光院/平成21年10月京都御所夫婦旅
西大路藩の陣屋跡
西大路藩の江戸の菩提寺の南泉寺と藩主墓所/東京都 西日暮里  2006.03参詣