庭瀬藩
                                  庭瀬藩の庭瀬藩庭瀬城跡
庭瀬藩/庭瀬城:備中(岡山)岡山市庭瀬 板倉家・備中松山藩分家 譜代 20千石【菊間】子爵 ☆板倉重高が1699年庭瀬藩に入封し11代在封
清山神社が庭瀬城の中心 沼城址 庭瀬往来の町家 庭瀬藩板倉家菩提寺&歴代藩主墓の長円寺/西尾市2006.08参詣  飛地領の備中矢掛陣屋
           庭瀬藩探訪歴:平成8年9月探訪:駅のベンチでのんびりとパンと牛乳/同20年2月再訪/同26年4月更新 庭瀬藩
            庭瀬藩の城址堀端の高瀬船用の燈台復元            先方に見える橋が大手橋/庭瀬藩 
庭瀬藩の城下、庭瀬往来(鴨方往来)の町家/庭瀬藩
庭瀬藩板倉家菩提寺の長円寺/愛知県西尾市    藩祖の板倉勝重、重宗廟所と歴代藩主の墓 2006.08参詣/2010.9A深溝陣屋探訪途次
※一口メモ:@庭瀬藩の藩主変遷:戸川家(無嗣絶家)→久世家→松平家(藤井)→1699年、板倉家が上総高滝から庭瀬藩に入封し藩主家が定着
A維新時の庭瀬藩:庭瀬藩は宗藩の備中松山藩と違い、早期に岡山藩の勧告に従い恭順し、新政府軍に加わった。庭瀬藩は岡山藩に従い、本家筋の備中松山城の撤収の出兵命令が下った(庭瀬藩から78名出兵)。一方、江戸に於いては一部の藩士が彰義隊に加わり大混乱をおこした。