延岡藩:延岡城
延岡藩/延岡城:日向(宮崎)延岡市 内藤家 譜代 70千石【帝鑑間】子爵       ☆内藤政樹が1747年に延岡藩に入封し8代120年在封
 領地の墓所は城址内に改葬。豪雨の城。 延岡藩内藤家菩提寺の光明寺/鎌倉。   (昭和48年11月探訪/平成16年8月再訪/26年6月更新)
延岡藩の支藩:越後村上藩50千石・信濃高遠藩33千石・三河挙母藩20千石・陸奥湯長谷15千石・信濃岩村田15千石  延岡藩
                                                        延岡藩の延岡城2の丸の「千人殺し」の石垣
領地の墓は城址内に小さく改葬されていた。
延岡藩内藤家菩提寺の光明寺と歴代藩主一族の墓所/鎌倉
※一口メモ:@延岡藩の藩主変遷:高橋家(除封)→有馬家(除封)→三浦家→牧野家→1747年に内藤家が陸奥平から延岡藩に入封した。
A幕末維新時の延岡藩:延岡藩の幕末の2藩主、政義(彦根藩井伊家から)、政孝(掛川藩太田家から)きたので、佐幕色が強かった。鳥羽伏見の戦いには少数であるが幕府軍に参加した。このため、延岡藩は幕府荷担藩の一つとして、入京を禁じられた。しかし、藩主も急いで上京して謹慎し、新政府軍の一員として甲州や江戸に出兵した(延岡藩の出兵は169名)。戦後の賞罰で、延岡藩はお咎めを免れた。 
城内に改葬の延岡藩内藤家墓所
石垣の底の石を1枚外せば、全部が崩れ落ち、1度に千人を殺す仕掛けになっているという。
延岡藩 復興城門


 H16年の再訪は還暦同窓会の鹿児島からの帰途に寄る。
 豪雨の城址再訪となった。
 延岡まで乗車してきた「特急きりしま」は豪雨のため未だ停車
 していたので、再度乗車した。

  北九州市門司区にて、友人4人と痛飲(お福にて)。