野田城/愛知・新城市 
野田城:愛知県新城市豊島字本城        野田城探訪:H28年9月
永正5年(1508)菅沼新八郎定則が築城し、定村、定盈(さだみつ)3代の居城となる。戦国時代、今川氏、武田氏、徳川氏等により争奪戦が繰り返された。元亀4年(1573)1月、武田信玄は甲州の金掘人足を使って野田城の水源を断ち、城主 菅沼定盈は城を明け渡す。 これが武田信玄最後の城攻めとなる。武田勢撤退の後、再び徳川氏のものとなり、1574年三たび菅沼氏が城主となるが、天正18年(1590) 定盈が関東移封とともに廃城。
☆菅沼家は丹波亀山藩4万石大名となったが無嗣改易となる。名跡を惜しみ、旗本、新城陣屋領主石田陣屋領主として祖先の地に復帰した。
  野田城から流れる笛の音に誘われた武田信玄を火縄銃で狙撃したと伝わる場所が野田城の井戸の傍にあり、信玄の狙撃された場所は、すぐ西側の坂を下った所にある法性寺にある。
 法性寺から見た野田城  野田城門/移設門:享保4年(1719)に移設 場所は法性寺
 野田城2ノ丸  
 
                               野田城から信玄を狙撃した場所         法性寺境内の一角にある信玄狙撃された場所
野田城Back 野田城