野村藩/大垣新田藩
野村藩/野村陣屋:美濃(岐阜)大野町 戸田家・大垣藩分家 譜代10千石【菊間】子爵 
                 ☆6200石の戸田氏成が1688年に実兄の大垣藩主から新田を分地されて野村藩を立藩した。8代180年在封 。 
定府大名.。 明治3年に野村藩の陣屋を「野の八幡神社」脇に建てる。 揖斐線黒野駅からタクシー千円。 H10年の再訪は城下移築門を訪ねる。
  野村藩戸田家菩提寺の蓮光寺2011.04参詣           
野村藩探訪歴:(平成10年5月探訪/平成19年3月再訪/同26年1月更新)野村藩
               野村藩陣屋跡                                   野村藩関係の遺構かは不明
城下民家にある移築の野村藩陣屋門 城下民家に有る移築の野村藩役所門
野村藩の菩提寺蓮光寺/文京区2011.04参詣 (大垣藩の江戸菩提寺でもある:宗藩の大垣藩菩提寺&墓所は大垣城下の円通寺)
※一口メモ:幕末維新時の野村藩:維新時の野村藩は宗藩の大垣藩と行動をともにし、長岡戦・会津戦へ出兵した(野村藩からの出兵は303名し、戦死者は1名)。戦後の論功行賞で、野村藩は賞典金2千両を賜った。