※一口メモ
@沼田藩の藩主変遷 : 真田家(上田藩へ)→真田家(嫡男・改易)→本多家→黒田家→土岐家が1742年、駿河田中から沼田藩35千石で入封。
A幕末維新時の沼田藩:幕末の沼田藩の藩主、頼之(若年寄)は佐幕派の頭目というべき、備中松山藩の板倉勝静の弟だったのでその去就が注目されていたが慶応3年に隠居した。頼知が沼田藩を継ぎ直ちに上京し恭順の意を表した。沼田藩は対会津戦では新政府軍に148名派遣し三国峠で戦った。

B沼田藩土岐家とは:美濃源氏として著名な家柄である。土岐定政は14才で家康に仕える機会を得た。徳川家が関東に移封された際、天正18年(1590)下総守谷に1万石を拝領した。元和3年(1617)摂津高槻2万石⇒下総守谷1万石に減封・藩主幼少⇒出羽上山25千石⇒越前田中藩35千石⇒寛保2年(1742)老中土頼稔が35千石で沼田藩入封した。

沼田藩:沼田城
沼田藩の沼田城址の鐘楼
沼田藩の城址石垣の一部
沼田藩/沼田城:上野(群馬)沼田市 土岐家 譜代 35千石【帝鑑間】子爵       ☆土岐頼稔が1742年に沼田藩に入封し11代120余年在封
沼田城移築城門/川場村。鐘楼。土塁の城。 沼田藩土岐家菩提寺の春雨庵/品川から⇒昭和62年に土岐家祈願寺の東禅寺に墓石を安置H17.12。 
  沼田藩探訪歴:昭和63年5月探訪・金精峠経由/平成9年11月・会社慰安会/同17.12再訪B/同26年1月更新 沼田藩
沼田藩土岐家祈願寺の東禅寺と藩主墓石群/平成17年12月参詣
沼田藩御用薬種商家 生方家
川場村資料館にある沼田城移築城門/沼田藩