小浜藩:小浜城
                 小浜城天守台跡(小浜藩)                   小浜城本丸石垣(小浜藩)
小浜藩/小浜城 若狭(福井)小浜市: 酒井家 譜代 103千石【帝鑑間】伯爵      ☆酒井忠勝が1634年に小浜藩に入封し14代238年在封
小浜藩の小浜藩の藩校順造門/若狭高。 小浜藩酒井家菩提寺の空印寺。 お初の方菩提寺の常高寺。 三丁町界隈。 小浜藩
                小浜藩探訪歴:平成3年9月探訪は品川転勤赴任途次/同19年5月再訪/同26年6月更新
小浜城の脇にある武家門(小浜藩) 若狭高校の小浜藩の藩校門
小浜藩酒井家菩提寺の空印寺&歴代藩主墓
三丁町界隈は50数軒の町家が保存/小浜藩時代の江戸の面影を色濃く残す町

 ◎小浜藩の支藩:安房勝山藩12千石、越前敦賀藩10千石    <酒井家は別途下記の家がある> 
              ★宗藩に播磨姫路藩150千石、支藩に上野伊勢崎藩20千石   ★宗藩に出羽鶴岡藩170千石、支藩に出羽松山25千石

※一口メモ:@小浜藩の藩主変遷:慶長5年(1600)京極家が入封し小浜城を築城⇒寛永11年(1634)酒井忠勝が川越から小浜藩に入封した。
A幕末維新時の小浜藩:維新時の小浜藩は、藩主がたまたま京都所司代であったから、鳥羽伏見の戦いでは幕府軍に属した。しかし岩倉具視を介して陳謝し赦された。小浜藩は北陸道鎮撫使の先鋒を命じられて各地転戦した(小浜藩の出兵348名)。戦後、論功行賞で小浜藩は
賞典金2千両を得た。
B小浜藩の著名人物@幕末の攘夷志士、梅田雲浜A杉田玄白/解体新書 
 
 常光院の墓
 常光寺と常光院の墓(常光院は信長の妹、お市の方と浅井長政の次女でお初=京極高次に興しいれ。長女は秀吉側室の淀君、三女は2代将軍徳川秀忠の正室) 夫の高次は関ケ原の戦いで徳川氏に属し、その功により小浜藩92千石を与えられた。(子孫は丸亀藩)