小幡藩:小幡陣屋
小幡藩:上野(群馬)甘楽町 松平家(奥平)・忍藩分家 譜代 20千石【帝鑑間】子爵  ☆松平忠恒が1767年に小幡藩に入封し4代100年在封
小幡藩陣屋跡の楽山園/国指定文化財。武家屋敷。石積み用水路の町筋。織田信雄7代の墓小幡藩松平家菩提寺の弘福寺&改葬墓)東京墨田区
                     小幡藩探訪歴:昭和60年5月探訪/平成8年夏再訪/同23年10月再訪C  
楽山園は、小幡藩陣屋の一角をなし、織田氏によって造られたもので、江戸時代初期の池泉回遊様式庭園。、京都の桂離宮と同じ特色を有している。広い昆明池を掘り、いろは48石を配し、築山にあずまやを建て、熊倉山・紅葉山の借景によって庭園美を盛り上げる造り方は、当時の大名の趣向をよく表している庭園.。国の名勝指定文化財。
((平成23年10月再訪:平成14年度からの再生復元事業も間もなく終了
小幡藩 :名勝 楽山園
小幡藩の復興陣屋門
大ちゃんと再訪:平成8年夏(小浜藩城下)
小幡藩松平家菩提寺の弘福寺H17.03参詣/甘楽町文化課様教示
梅の茶屋と腰掛茶屋/藩主の休憩茶屋
織田信長の次男(信雄)7代の墓群。織田家は不祥事により、天童へ移封。
小幡藩時代の武家屋敷
小幡藩の城下町↑↓

<小さな城下町

<幕末275藩

<大名庭園

※一口メモ:@小幡藩の藩主変遷 松平家(奥平)→水野家→永井家→織田家→1767年、松平家(奥平)が上里見から小幡藩に入封し藩主家が定着
A幕末維新時の小幡藩:天狗党の乱のときに、小幡藩は上洛を図る彼らを拒もうとしたが失敗。しかし大勢に応じて恭順を表し、沼田に出兵、梁田での戦いにも出兵した(小幡藩から104名出兵し2名戦死)。