小田原藩:小田原城

小田原藩大久保家の菩提寺、教学院(三軒茶屋)と墓石群  同寺には支藩の烏山藩、荻野山中藩の墓所もある H17.01参詣
小田原藩/小田原城: 相模(神奈川)小田原市 大久保家 譜代 113千石【帝鑑間】子爵 ☆大久保忠朝が1686年小田原藩に入封し10代180余年
小田原城は戦国時代の平山城で北条家の居城であった。天正18年(1590)豊臣秀吉の、小田原征伐で小田原城は落城した。小田原城は関東では江戸城を除いて唯一天守閣を認められていた。 小田原藩大久保家菩提寺の教学院.。 北条家の菩提寺、早雲寺 
小田原藩の支藩:下野烏山藩30千石・相模荻野山中藩13千石  小田原藩探訪歴:昭和59年11月探訪/平成24年4月桜満開再訪:多
小田原城銅門(小田原藩)
小田原城常磐木門(小田原藩)
北条氏政の墓
北条氏4代領主氏政と弟、氏照の墓。 小田原市のおしゃれ横丁にある。(北条家は別家の弟筋が、河内狭山藩1万石で明治を迎えた)

有名人の墓」へ

※一口メモ@:小田原藩の藩主変遷:大久保家(改易)→幕府領→阿部家→幕府領→稲葉家→1686年、大久保忠朝(老中)が11万3千石で佐倉から小田原藩に入封し藩主家が定着した。
A幕末明治維新時の小田原藩:小田原藩は維新時には新政府軍に恭順を示したが、旧幕府遊撃隊と請西藩の林忠崇軍との戦いで佐幕派のクーデターが成功し、箱根の関所を旧幕府軍に明け渡した。これを新政府軍は激怒。小田原藩の藩論は再度、討幕となり、苦戦の末に遊撃隊を駆逐した。この戦いで忠誠を疑われ、藩主は永蟄居、小田原藩は取り潰しとなった。最終的に、小田原藩は
11万3千石から7万5千石の減封となった。   

小田原藩は関東で唯一天守閣が認められていた