大給城 
大給城:愛知県豊田市大内町(松平郷に向かい国道301号道端に城址碑有)                                  大給城探訪:2013.12
大給城の築城年代は定かではないが長坂新左衛門が築いたと云われる。 やがて岩津へ進出した松平信光が大給城を攻略し、岩津城と共に親忠に譲り、親忠は二男の乗元へ大給城を譲り大給松平氏の祖となった。天正3年(1575年)には滝脇松平乗高に攻められ落城したという。天正18年(1590年)6代目の家乗の時に、徳川家康の関東移封に伴い上野国那波へ一万石で転封となり、大給城は廃城となった。(大給松平家6万石西尾藩)。
                  大給城堀切跡                   大給城虎口跡
                  大給城櫓台跡                    大給城本丸へ
                                         大給城本丸跡 
 大給城の本丸の一角を受け持つにある巨岩  大給城からの城下遠望
 大給城縄張り図 大給松平家の祖、松平乗元の墓/登城口から数分後の所にある
Back