岡部藩:岡部陣屋
岡部藩/岡部陣屋:武蔵(埼玉)深谷市 安部家 譜代 20千石【菊間】子爵   ☆1649年加増により諸侯、1705年に岡部藩、13代160年在封
岡部藩の陣屋跡に高島秋帆幽閉の碑。  岡部藩安部家菩提寺の源勝院。  岡部藩の陣屋長屋門(全昌寺H17.06)。
                    岡部藩探訪歴:平成10年2月探訪/同17年6月再訪/同26年6月更新  岡部藩

※一口メモ:@岡部藩の成立:慶安2年(1649)、9千石の大番頭の安倍信盛が大阪定番に昇進し1万石加増され、19千石の大名に列した。宝永2年
(1705)に岡部に居所を定め、岡部藩が成立した。
A岡部藩の重要な出来事は、幕末に幕府の命により砲術家の
高島秋帆が岡部藩に預けられたことが挙げられる。
B幕末維新時の岡部藩:維新時の岡部藩は領内に混乱が及びつつあるのをみで、江戸開城の直前に、岡部藩を飛地の三河半原に移した。新政府軍では東海道の警備を担当した(岡部藩からの出兵は85名)。 

岡部藩安部家菩提寺の源勝院と藩主墓石群
 岡部藩の陣屋跡に建つ高島秋帆碑
岡部藩の陣屋長屋門/全昌寺