岡藩:岡城
岡藩/岡城:豊後(大分)竹田市 中川家 外様 70千石【柳間】伯爵  ☆中川秀成が1594年に播磨から移封し岡藩が成立、13代270余年在封
 堅固な石垣の岡城址.。愛染堂参道。旧竹田荘。廉太郎旧宅。キリシタン洞窟礼拝堂。岡藩中川家御霊屋。 武家屋敷街。 軍神の広瀬中佐。
               岡藩探訪歴:昭和48年10月探訪/平成9年8月/同21年4月再訪C:門司の友人歓談の旅/同26年6月更新   岡藩
愛染堂、観音寺、十六羅漢辺り・・・ノンビリ寺巡り岡藩、岡城

岡藩、岡城

大ちゃん(1才半)の最初の城址探訪
の地/昭和48年。その後、大ちゃんは
170余りの城址探訪のお供をする。

有名人の墓>

<小さな城下町

<幕末275藩

 ※一口メモ:幕末維新時の岡藩:維新時の岡藩は早くから藩論は勤王であった。しかし、岡藩は7万石の大名であったが僅か23名しか出兵させられず、叱責されたが、ともかくも 関東・東北方面に出兵した。
平成21年4月参詣
旧竹田荘と田能村竹田のお墓 /岡藩
滝廉太郎が12才から14才の2年間過ごした家。廉太郎の父親は豊後日出藩の家老で、明治維新後に役人として竹田に赴任。この家はかっての岡藩の武家屋敷であった。♪荒城の月♪  春高楼の花の宴、めぐる盃影さして
洞窟礼拝堂(岡藩)
岡藩中川家の霊屋
岡城は竹田城ともいわれ、日本を代表する難攻不落の山城であった。白滝川と稲葉川に挟まれた溶岩台地の上に築かれたこの城は戦国時代の城主、志賀親次がわずか1000人の軍勢で、島津勢の35000人の猛攻にもたえた堅固な城。
岡藩の武家屋敷/歴史の足音が止まったような町