岡山藩:岡山城
岡山藩/岡山城:備前(岡山市) 池田家 外様 315千石【大広間】侯爵    ☆池田光政が1632年に鳥取から岡山藩に入封しから10代240余年在封
  旧閑谷学校(郷校) 岡山藩池田家菩提寺の曹源寺  日本三名園の後楽園           ☆岡山藩の支藩:鴨方藩25千石・生坂藩15千石
                    岡山藩探訪歴:昭和54年7月探訪/平成17年9月再訪B/同26年6月更新 岡山藩

Back

岡山藩池田家菩提寺の曹源寺&藩主墓所 圧巻
三大名園の後楽園と岡山城の遠望/岡山藩

※一口メモ:
@岡山藩の藩主変遷:宇喜多家(除封)→小早川家(無嗣絶家)→池田家と藩主が変遷した。岡山藩池田家の遺領を継いだ光仲は幼少を理由に鳥取藩に転封し、従兄弟の鳥取藩主、池田光政が1632年、岡山藩に入封(国替)し藩主家が定着した。
A幕末維新時の岡山藩:幕末の岡山藩の藩主、茂政は将軍慶喜の弟のため、病気を理由に隠退した。鴨方藩の政詮が最後の岡山藩の藩主となった。
鳥羽伏見の戦い後積極的に新政府軍に参加し、備中松山藩・姫路藩への圧力・接収。関東、東北への出兵、箱舘戦への出兵と活躍した。岡山藩は806名(箱館戦566名)出兵し27名戦死した。戦後の論功行賞で岡山藩は
賞典禄3万石を賜った。

旧閑谷学校: 岡山藩初代藩主で名君の光政が庶民のために建てた学校。@現存するA庶民を対象としたB学校建築物では世界最古。
旭川に映える岡山城/岡山藩