岡崎藩:岡崎城
岡崎藩の城下にある大樹寺:徳川家菩提寺で家康の先祖、松平8代墓と徳川将軍15代の位牌寺
岡崎藩 /岡崎城:三河(愛知)岡崎市 本多家  譜代 50千石【帝鑑間】 子爵   徳川四天王、本多平八郎直系  岡崎藩
天守閣・大手門復興。家康産湯の井戸。徳川家菩提寺大樹寺。八丁味噌。  お墓書写山円教寺と藩主廟所(姫路H8.11)  岡崎藩本多家菩提寺の誓願寺/東京府中と累代墓(H18.05参詣)         ☆本多忠粛が明和6年(1769年)に岡崎藩に入封し、6代で明治を迎えた。
              岡崎藩探訪歴:昭和62年5月探訪/平成9年春再訪/同18年8月再訪B/同26年1月更新 岡崎藩

※一口メモ:@岡崎藩の藩主変遷: 田中家→本多家→水野家→松平家(松井)→本多家が1769年、浜田から岡崎藩に入封し藩主家が定着。
A幕末維新時の岡崎藩:岡崎藩は鳥羽伏見の戦いでは幕府軍にあったが、江戸にいた岡崎藩の藩主、忠民は藩論をまとめるよう指示し、尾張藩の勧めで新政府軍に参加。東海道の警備などを受け持った(岡崎藩からは136名出兵)。

B岡崎藩本多家は平八郎忠勝系の宗藩で岡崎藩50千石:溜間格。支藩には⇒陸奥泉藩20千石⇒播磨山崎藩10千石 がある。  

本多忠勝他4人が姫路の書写山円教寺の廟所に眠る(H8.11姫路藩再訪時に参詣)
岡崎藩の城下、八丁蔵通りにある八丁味噌の工場に寄る
岡崎城内の徳川家康産湯の井戸/岡崎藩
岡崎藩復興の岡崎城大手門・天守閣
 
 ☆岡崎藩本多家は転勤族譜代大名:大多喜→桑名→姫路→郡山→福島→姫路→村上→刈谷→古河→浜田→1769年岡崎藩入封
岡崎藩、本多家菩提寺の誓願寺&累代合葬墓 H18.05参詣   誓願寺は関東大震災後、浅草から府中市に移転