奥殿陣屋/田野口藩大給松平家陣屋
奥殿陣屋/大給松平家陣屋:愛知県岡崎市大給          ☆徳川家康の祖四代松平親忠の二男乗元が大給に大給松平をおこした。
奥殿陣屋は宝永年(1707年)奥殿松平四代乗真の時、陣屋を大給から奥殿へ移し、文久3年(1863年)に信州の田野口へ移転するまでの間 奥殿藩領民支配の中心となっていたところ。その当時、奥殿藩は三河に4千石と、信州佐久に1万2千石を領していた。その後、信濃の田野口に大名として、唯一の五稜郭城址を築城し明治維新に至った。長野県田野口藩参照)  奥殿陣屋             奥殿陣屋探訪:平成17年4月/同26年8月更新
奥殿陣屋門
長野、田野口藩大給松平家の墓所は奥殿陣屋裏側にある。
奥殿陣屋の庭