小見川藩/小見川陣屋
※一口メモ:
@小見川藩の藩主変遷 :松平家→土井家→安藤家→廃藩→100年後の1724年、内田家が鹿沼から小見川藩に入封し藩主家が定着
A幕末維新時の小見川藩:小見川藩は1868年、比較的早い時期に新政府に恭順した。小見川藩は銚子や香取の不穏な動きに出兵した。

B小見川藩内田家とは:内田正信が徳川家光に寵遇され小姓組番頭から下野国鹿沼にて15千石を賜った。正信は慶安4年(1651)家光の死に伴い殉死した。正衆⇒正偏と継ぎ、二人の叔父に分知し(2千石)、所領は13千石となった。また、発病による3千石の減封も受け、子の正親が下総小見川藩1万石へ移封された。
ご子孫により龍宝寺/浅草に改葬
江戸期から明治までの小見川藩内田家菩提寺の本願寺(H17.07参詣)
小学校校庭にある小見川藩の陣屋碑
小見川藩/小見川陣屋:下総(千葉)香取市小見川町 内田家
 譜代 10千石【菊間】 子爵
  中央小学校校庭のド真ん中に小見川藩の陣屋碑  
小見川藩 小見川陣屋 小見川藩 小見川陣屋
  小見川藩内田家菩提寺の本願寺/生涯学習課さま教示
  現在の内田家菩提寺は龍宝寺/浅草
小見川陣屋  小見川陣屋
  ☆内田正親が1724年、鹿沼から小見川藩に入封し10代
  140余年在封
平成8年2月探訪/同17年7月再訪/同26年6月更新