小野藩:小野陣屋
小野藩/小野陣屋:播磨(兵庫)小野市 一柳家 外様10千石【柳間】子爵 ☆一柳直家が1636年、父の遺領を分与され小野藩を立藩11代在封
   小野市立好古館が小野藩の陣屋跡。 小野藩一柳家菩提寺の光明寺(藩主は2人埋葬)・江戸の藩主菩提寺の祥雲寺/H18.01参詣。
                           そろばんで有名(播州小野そろばん全国生産70%)
小野藩探訪歴 平成9年8月探訪/同20年11月再訪/同26年1月更新 小野藩 小野藩の支藩:伊予小松藩10千石

※一口メモ:@小野藩の成立:播磨国で5千石を知行していた一柳直家が寛永13年(1636)、伊予西条藩主であった父の直盛の遺領のうち、播磨・伊予国の2郡の236百石を分与され、286百石で小野藩が成立した。しかし直家が没し、小出吉親の子、直次を養子として届けたが、186百石減封され1万石で小野藩の相続が認められた。
A幕末維新時の小野藩:小野藩は鳥羽伏見の戦いでは幕府側で大阪周辺を受け持ったが、その後は新政府に恭順し、東北各地に出兵した(小野藩の出兵は57人)。

町に江戸の面影は無い
小野藩陣屋跡は好古館や小学校
小野藩のほとんどの藩主は江戸の祥雲寺が墓所/渋谷広尾  2006.01参詣
小野藩一柳家菩提寺の光明寺(9代末延公、10代末彦公の藩主のみ)