大館城-秋田 
大館城:佐竹西家8000石/秋田県大館市中城5-12(現桂城公園)                                  大館城探訪:2015.05
大館城は江戸期の「一国一城令の例外城」。  大館の地には鎌倉幕府御家人の浅利氏が地頭職として配された。しかし、大館城の歴史は浅く、天正10年(1582)以前に浅利勝頼が築城したと伝えられている。戦国時代はこの地は浅利氏、南部氏、秋田氏、津軽氏の係争の地となった。慶長3年(1598)、浅利頼平が急死し、浅利氏は断絶し、秋田氏(安東氏)が勝者となり、豊臣秀吉時代にはこの地は秋田氏の所領となった。
 関ヶ原の戦い(1600年)後、秋田氏は常陸に移封されて、この地は常陸国から移封された佐竹氏が支配することになった。大館城は一国一城の例外として横手城同様に存続を認められた。佐竹西家菩提寺の崇福寺。
戊辰戦争の際に南部氏が大軍で攻めてきたため、大館城代の佐竹氏が自ら火を放ち、堀などの遺構を残して全焼した。
 大館市は「秋田犬」の故郷でもある
大館城跡は桂城公園となっている 
 大館城の堀、これだけが城跡を醸し出せている  大館城の背後
 城主、佐竹西家の菩提寺、崇福寺  佐竹西家のお墓は改葬され、塁代墓となっている
Back